☆世界を変える出会いがここに!!熱血フィギュアスケートロマン読切49ページ!!

約見開き2つ(4ページ)ごとの一言的感想であります。ジャンプと一緒に読んでみて下されば。


レオ=ガガーリン実在の人物かしら?黒岳シンさん。主人公か…。トリプルアクセルはすごいけど、演目を無視している…才能天然系の人かな?


コーチ熊谷兵児氏。フィギュアをやっていて、運動的要素に興味があり、芸術面に興味がないのも珍しい。白峰ホタル…死んだ人か…。タイトルの演目は、フィクションだろな。さすがに。


鬼の角の描写が若干浮いているような…。む?スポーツモノと見せて、霊とか出てきそう…??出てきたわ…。モノローグは誰の声かな??


この見開きが良いな。線に弱さも感じるけど、大胆で、そして、白さが際立っていると思う。この出会いは心霊体験なのか?妹さんとか??


霊でした…。前作とあわせて、非日常が作風かな。霊を気にしない主人公…。白峰さんは、演目に殺されたのではなかろうか?


生前と死後では、性格が変わるとかあるのかな…。継承姫(けいしょうき)という言葉がカッコ良い。霊が帰っちゃうのが面白い。


ゾクっとする気合の入った描写だな…。シェヘラザードは、危険な演目なんだろうな…。なるほど、アラビア風の衣装は千夜一夜物語(アラビアンナイト)がモチーフだからか。


幻とは?実行不可能な演目なのかな?気品と血の滲むような努力。ムリ…。死んでしまったのは、そのあたりかな…??


伝えたい…。けど、40度の熱があったらスポーツやったらいかんと思う。「分かち合う」。表現というモノの側面を知った気がする。


モノローグは、彼女の声だった訳か…。命をかける。これは、呪いを解く物語だったんだな。死者が生きている人に伝えることとは、興味深い部分だ。


ふーむ。「誰かに伝える」ということを学んだ訳か…。学ぶ訳か…。ここでタイトルの演目が出てくるのか…。ちゃんと未熟であって良かった。


すごいな…。表現に完全燃焼したことってなかったなぁ…。情景を見せる…。これは近未来か?それとも、時空が飛んだのか?


なるほどなるほど。連載化されたら、ヒカルの碁のフィギュアバージョンですな。爽やかなラストは良かったですよ。